市民の交流拠点、白河で15日新装開館 活動発表の場、専門学校や飲食店も 

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開館するマイタウン白河

 福島県白河市の中心市街地市民交流センター「マイタウン白河」は15日、リニューアルオープンする。同日午前10時から記念式典と関係者を招いての内覧会が開かれる。一般公開は午後1時から。

 同施設のコンセプトは「新たな交流創造空間」。地上4階、地下1階の鉄筋コンクリート造りで、延べ床面積は約7千平方メートル。

 地下1階に飲食店関係、1、2階には市民活動を発表するスペースや会議室など、3階にはしらかわ介護福祉専門学校(来年4月に開校)が入居し、4階は調理室や展望デッキを設ける。

 マイタウン白河は、1971(昭和46)年に建設された。今回、資材の再利用や補強などを行い建築の予算削減と長寿命化を図る「リファイニング建築」が採用されている。