樹齢800年...大イチョウをライトアップ 喜多方・国重文「長床」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
幻想的にライトアップされた大イチョウ=14日、喜多方市・新宮熊野神社

 喜多方市慶徳町の新宮熊野神社で14日、国重要文化財「長床」や黄色く染まった樹齢約800年の大イチョウが試験投光され、幻想的な光景が浮かび上がった。

 地元の新宮地区重要文化財保存会(大竹利光会長)が毎年、黄葉の時期にライトアップしている。実施期間は15~22日。時間は午後5時30分~同7時30分。ライトアップの見学は無料。

 同会によると、大イチョウは高さ約40メートル、幹回り約8メートルの巨木。黄葉はもう少しでピークを迎え、新宮熊野神社などを巡る19日の「長床ウオーク」では、舞い落ちるイチョウや黄色いじゅうたんも楽しめそう。