「競技人口」拡大や育成 福島県が初会合、サッカー振興へ素案

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2019(平成31)年のJヴィレッジ(楢葉、広野町)の全面再開を見据え、県は年度内に、県内サッカー関係者と連携したサッカー振興の計画案をつくる。15日に県庁で開いた関係団体との初会合で素案を示した。

 競技人口の拡大や女子選手の育成、指導者育成に力を入れ、交流大会の開催やプロ選手を招いた講座に取り組むことを盛り込んだ。これに対し、会議では「単発でなく継続、後続的な取り組みが必要だ」「裾野を広げるほか、厚みを持たせることも意識すべき」などの意見が出た。県は、これを踏まえて計画案をまとめ、年度内に開く次回会議で示す。

 会議には、県サッカー協会や日本サッカー協会(JFA)の育成機関「JFAアカデミー福島」、J3の福島ユナイテッド、Jリーグ参入を目指すいわきFC、Jヴィレッジの関係者らが出席した。県は、原発事故収束の対応拠点となっているJヴィレッジを再整備し18年7月に一部再開、19年4月に全面再開する計画で、施設再開に向けた対応を協議しようと初めて会議を開いた。

 会議では、震災前はJヴィレッジを拠点に活動し、静岡県に拠点を移しているJFAアカデミー福島の県内再開についても検討を進めていく。アカデミー福島を巡っては、JFAが将来的にJヴィレッジに活動拠点を戻す方針を示しているが、具体的な時期は明らかにしていない。