国内最大級の巨晶群 鉱山跡を天然記念物指定、福島県石川

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本最大級の電気石の巨晶群がある第4鉱体

 福島県石川町教委は、現存する鉱山跡「和久観音山ペグマタイト鉱床」を新たに町指定天然記念物に指定した。

 同鉱床は、同町字入山の第1鉱体と同町字和久の第4鉱体の総称として指定。いずれも町が所有している。

 同町文化財保護審議会の答申に基づき、8日の町教委定例会で指定を議決。鉱物学的な価値の高さなどを評価した。町指定文化財は25件目。

 町教委によると、町内には93カ所の鉱山跡が確認されているが、同鉱床は唯一、坑道跡が保存、公開されている。

 第1鉱体は往事の坑道を見学することが可能、第4鉱体は日本最大級の電気石の巨晶群を見ることができるという。

 町は今後、同鉱床の活用を考えていく。