ペット同居可能に 南相馬で復興住宅引き渡し

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県が南相馬市鹿島区横手に建設していた原発事故避難者向けの復興公営住宅西町団地(第1住区)が完成し、鍵の引き渡し式が15日、同区で行われた。

 同団地は二つの住区からなり、第1住区は28戸、第2住区は22戸を整備。このうち、今回完成した第1住区は木造2階建ての2LDK8戸、3LDK20戸で、県相双建設事務所管内では初めてペットとの同居が可能になった。

 第2住区は工事中で、12月中に入居が可能になる。

 式では、浦山悦雄県相双建設事務所長らがあいさつ。入居者代表で第1住区管理人にレプリカキーを引き渡した。