映画「彼女の人生は間違いじゃない」 いわきなどで撮影開始

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画の撮影の安全などを祈願する関係者

 郡山市出身の映画監督広木隆一さん(62)の小説を基に震災、原発事故に見舞われた双葉郡の女性を描いた作品「彼女の人生は間違いじゃない」(仮題)が映画化される。

 作品は、父と暮らす女性の生活が震災、原発事故で一変したとの設定。役所で働く女性は自分を見失っていくが、人との出会いにより変わっていくとの内容だ。17日、いわき市で祈祷(きとう)式が行われた。メガホンを握る広木さんと映画製作スタッフ、出演者約30人が参列。玉串をささげ、撮影期間中の安全とヒットを祈願した。広木さんは「世界で災害が起きている中で、どのように生きていくのかを考えてもらえれば」と作品への思いを語った。

 撮影は18日から12月2日まで、同市や富岡、楢葉の両町などで行われる。来夏の公開予定。

 エキストラ募集

 映画のエキストラを募集している。撮影日の前日の午後4時まで申し込む。申し込みは、いわきフィルム・コミッション協議会へ。