深まる秋、黄金のじゅうたん 喜多方で長床ウオーク

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
境内のイチョウの葉を踏みしめて歩く参加者ら=19日午前、喜多方市・新宮熊野神社

 喜多方市慶徳町の国重要文化財、新宮熊野神社「長床」を巡る「秋の喜多方2016長床ウォーク」が19日、同市のJR喜多方駅から慶徳ふれあい館までの8キロコースで行われた。

 各地から約千人が参加。あいにくの雨となったが、長床に向けて元気に足取りを進め、見ごろを迎えた樹齢800年の大イチョウや立派な社殿に見入った。

 長床ウオークは、地元の新宮地区重要文化財保存会、喜多方ウオーキング会、喜多方市、JR喜多方駅、福島民友新聞社でつくる実行委員会が主催した。