新鋭作家の大作を展示 中合福島店で龍生派県支部、23日まで

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会場で公開制作する会員

 今年創流130周年を迎えた生け花の龍生派県支部(若林華邑支部長)による「新鋭作家展 蔓・つる・実・つる」は19日、福島市の中合福島店で開幕し、来場者が大作に見入っている。23日まで。福島民友新聞社などの後援。

 家元1級教授26人による作品展。同日は店内3カ所に設置された会場で公開制作が行われ、来場者が普段見られない制作現場に足を止めて見入っていた。

 会場は同店一番館1階エスカレーター前、二番館1階ショーウインドー、二番館6階イベントスペースに設けられている。時間は午前10時~午後7時(最終日は同6時)。20~23日には午前10時から午後3時まで、花ブローチを作るワークショップを開く。問い合わせは若林支部長へ。