漁船と貨物船が衝突 いわき・塩屋埼沖、けが人や油の流出なし

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 21日午後11時10分ごろ、いわき市塩屋埼沖で、八戸漁協所属の漁船「第63惣宝丸」(279トン)と福岡県久留米市船籍の貨物船「第11朝日丸」(498トン)が衝突した。惣宝丸には24人、朝日丸には5人が乗っていたが、けが人はなく、油の流出もなかった。

 福島海上保安部によると、現場は同市の塩屋埼灯台から北東約13キロの海域。惣宝丸は船首の左側に穴が空き、朝日丸は船首左側の手すりが曲がり、穴が空いたが、航行に支障はないという。惣宝丸は茨城県日立沖から宮城県石巻市、朝日丸は仙台港から兵庫県加古川市に向かっていた。

 同海保が事故原因を調べている。