「富岡復興ソーラー」29日着工 事業費の資金調達完了

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 富岡町民主導による大規模太陽光発電所(メガソーラー)「富岡復興ソーラー高津戸・清水前太陽光発電所」は29日、同町上手岡字高津戸・同町本岡字清水前で着工する。地鎮祭と事業説明が同日、現地で行われる。

 町民らでつくる一般社団法人富岡復興ソーラーが事業の中心を担う。金融機関との融資契約を締結したほか、県内外の市民や企業などから出資を募り、総事業費約92億円の資金調達を完了した。

 出力は3万2839キロワットで、年間発電量は一般家庭約1万世帯分の年間使用量に当たる。東京電力が福島第1原発で使用していた送電網を使い、東電や新電力などに全量を売電する方針。売電収益は同町の復興支援事業に活用する考え。