福島で「初雪」観測 冬型気圧配置、猪苗代でススキなど雪化粧

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
雪化粧したススキ=23日午後、猪苗代町若宮の国道115号

 福島地方気象台は23日、福島市で初雪が観測されたと発表した。職員が敷地内で目視で確認した。この日の県内は冬型の気圧配置となり、上空約1500メートルに氷点下6度の冷たい寒気が入った。夜になり気温が下がったこともあり、雨が雪に変わった。初雪は昨年より2日、平年より3日早い観測となった。

 同気象台によると、福島市鷲倉(土湯温泉町)で氷点下5.8度と今季最低となった。24日の県内は引き続き寒気の影響で中通りで雪、昼すぎから曇りとなる。浜通りは雪か雨で、夕方から曇り。会津では曇りで、明け方から朝にかけて雪の見込み。

 猪苗代町若宮の国道115号沿いでは、冷たい風が運んだ雪が樹木やススキなどに付き、辺りを白く変えていた。