日本一「福島の酒」堪能 飲み比べフェア、郡山おみやげ館で

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県内の地酒を堪能する来場者

 全国新酒鑑評会の金賞受賞銘柄数4年連続日本一の県産日本酒の魅力を伝える「日本一のふくしまの酒飲み比べフェアin郡山」は23日、郡山市の郡山おみやげ館(JR郡山駅内)で始まった。12月25日まで、県内の多彩な地酒を堪能できる。

 週替わりで3種類の純米酒が楽しめる「飲み比べセット」(500円、税込み)と、大吟醸など2種を味わえる「プレミアム飲み比べセット」(700円、税込み)を用意。

 初日の23日には、おつまみとしていわき市の海産物や喜多方市の豆も販売、多くの来場者でにぎわった。おつまみはなくなり次第順次入れ替える。

 時間は午後4時~同8時(ラストオーダーは同7時)。問い合わせは県県産品振興戦略課へ。