農業経営、商品開発学ぶ 福島明成高生が現場体験

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
農業経営や商品開発を学ぶ生徒たち

 「Bridge for Fukushima」(福島市、伴場賢一代表理事)は21日、同市飯坂町の菱沼農園(菱沼健一社長)でフィールドワークを実施、福島明成高の生徒が農業経営や商品開発を学んだ。

 若手リーダーの育成プログラムの一環で、同校の経営マーケティングプログラムを受講している3年生18人が参加した。

 フィールドワークでは、菱沼社長が手掛けるリンゴを使ったジャム「リンゴ蜜」や農業経営について説明。生徒らは加工工場を見学し、商品開発の現場を体験した。