口論になり兄の腹部刺す 殺人未遂容疑、いわきの73歳逮捕

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 同居する兄の腹を包丁で刺し、殺害しようとしたとして、いわき中央署は24日午後5時25分ごろ、殺人未遂の疑いでいわき市、容疑者(73)を現行犯逮捕した。刺された兄(76)は市内の病院に運ばれたが、意識もあり、命に別条はないとみられる。

 逮捕容疑は、自宅で、台所にあった刃渡り15~20センチの包丁を使って兄の腹を刺し、殺害しようとした疑い。

 同署によると、兄は腹を刺された後、近所の民家に逃げ込み、110番通報した。容疑者は自宅にいたところを逮捕された。容疑者は兄と2人暮らしで、2人で酒を飲んでいた際に口論になったとみられる。同署は動機などについて調べを進めている。