白河、いわきなどで雪 福島県内、スリップ事故4件発生

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
吹き付ける雪で視界が悪く、ヘッドライトを点灯し走行する乗用車など=24日正午ごろ、白河市の国道4号

 日本列島は24日、上空に真冬並みの寒気が入った影響で東日本から北日本にかけて厳しい寒さに見舞われた。県内は、低気圧が本州の南の海上を進んだことで、全般的に曇り空が広がった。白河市など県南やいわき市では昼すぎにかけて雪や雨が降った。福島地方気象台によると、白河や檜枝岐など同気象台の四つの観測地点で雪が降った。

 白河市では同日未明から雪が降り始め、同市のJR白河駅などでは10センチほど積もった場所もあった。県内では降雪の影響とみられるスリップ事故がいわき市、南会津町舘岩、天栄村で計4件発生し、このうち同市で1人が軽いけがをした。

 25日の県内は高気圧に覆われ晴れるが、午後は寒気や気圧の谷の影響で曇りの見込み。会津を中心に雨が降るところがある予想。