瓜生岩子賞受賞を報告 障害者就労尽力の角田さん

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
品川市長に受賞を報告した角田さん(中央)

 社会福祉に優れた功績のあった人を表彰する第24回瓜生岩子賞を受賞した、郡山市のほっと福祉記念会理事長の角田ミキ子さんは22日、市役所を訪れ、品川萬里市長に受賞を報告した。

 品川市長は功績をたたえ、角田さんと農業、福祉が連携する「農福連携」の今後の可能性について話し合った。

 角田さんは就労訓練の指導や企業訪問をするなどして利用者の一般企業への高い就職率を達成、障害者の就労の場創出に尽力。

 県産米のポン菓子を練り込んだチョコレートを製造、販売するなど障害者の自立支援にも力を入れている。

 角田さんは「賞の重みを感じている。障害のある人が、一人でも多く住み慣れた地域で親や兄弟、家族と生活できるよう支援していきたい」と話した。