「飲んでみらんしょ!」会津若松の地酒PR 販売促進へ試飲会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会津の地酒の試飲を楽しむ参加者ら

 鑑評会出品酒や蔵元自慢の酒が試飲できる「飲んでみらんしょ!比べてみらんしょ!会津の地酒大試飲会」は25日、会津若松市のルネッサンス中の島で開かれ、大勢の来場者が会津の地酒を堪能した。

 会津若松小売酒販組合、県卸売酒販組合会津支部、会津若松酒造協同組合の生販三層の3団体による「会津清酒をもっと飲む会」の主催。地酒の良さを知り、販売促進に向けたPRに一役買ってもらおうと、毎年開かれている。今回で10回目で、同市や猪苗代、磐梯両町の11蔵元が参加、それぞれブースを設け、鑑評会出品酒や純米大吟醸酒などを並べた。星野明彦会津若松小売酒販組合副理事長の発声で乾杯した後、参加者はおちょこを手に各ブースを回り、担当者の説明を受けながら蔵元ごとの特徴を確かめ、地酒を味わった。会津地鶏や馬刺しなどもテーブルに並んだ。