五輪メダリストらと元気いっぱい運動 いわきで復興支援フェスタ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもたちと手つなぎ鬼に臨む中村さん(中央)

 日本オリンピック委員会(JOC)主催の東日本大震災復興支援事業「オリンピックデー・フェスタinいわき」は26日、いわき市の同市総合体育館などで開かれた。参加者が、シドニー五輪競泳女子100メートル背泳ぎ銀メダリストの中村真衣さんら元五輪選手5人と運動を通して交流した。

 子どもたちにスポーツに親しむ大切さや楽しさを知ってもらうとともに、五輪選手とふれ合う機会を提供しようと開催。同日は中村さんをはじめ、北京五輪に出場した元男子バレーボール日本代表の斎藤信治さんや、ロンドン五輪男子体操で銀メダルを獲得した田中和仁さんらが会場を訪れた。

 イベントでは、参加した市内の小学生約100人が、五輪選手とともに5チームに分かれ、手をつないで他の人を追いかける「手つなぎ鬼」や「大玉転がし」など4競技に臨み、元気いっぱい体を動かした。