「いじめ相談して」 双葉町教委、横浜避難生徒問題で

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故で本県から横浜市に自主避難した男子中学生がいじめを受けていた問題を受け、全町避難が続く双葉町の教育委員会は27日までに、町のホームページ(HP)に、避難先の学校でいじめを受けた場合は同教委へ相談するよう呼び掛けるメッセージを掲載した。

 メッセージは、子ども用と保護者用があり、それぞれ「いつでも相談を受け付ける」「全力で支援する」内容が書かれている。

 また、県内外に避難する同町の小、中学生がいる各世帯に、同様の内容の文書を郵送したという。