「アイくるガールズ」がグランプリ ご当地アイドル頂点に

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
グランプリに輝いた「アイくるガールズ」

 いわき市公認の"ご当地アイドル"「アイくるガールズ」が、東京都で開かれたホリプロ主催のご当地アイドルナンバーワンを決めるコンテスト「U・M・Uアワード2016」決勝大会に出場し、日本一となるグランプリに輝いた。

 アイくるガールズは、いわきの魅力を全国に発信するため2013(平成25)年に結成。メンバーの加入や卒業を経て、現在、市内在住の8人で県内外で活動している。同趣旨のコンテストは結成以来4冠目。

 決勝大会は27日に開かれ、全国の予選を勝ち抜いた15組が出場した。アイくるガールズは13、14年に続いて3度目の決勝大会出場で、今回は東北地区の審査員特別枠で出場した。

 ステージでは、いわきの歴史を紹介しながら、いわきの海を歌った「七浜クイーン」や打ち上げ花火をテーマにした「恋色スターマイン」など3曲を披露。曲中では「一歩一歩復興に歩むいわきに遊びに来てください」と呼び掛け、詰め掛けたファンや来場者が見守る中、一体感のある歌とダンスのパフォーマンスで栄冠を手にした。

 アイくるガールズのリーダー須藤理央さん(24)は「全国でいわきや福島のことを知ってもらうことができ、うれしい。もっといわきを大好きになってもらえるように活動を続けていきたい」と喜びをメンバーらと共有した。