全49酒蔵達成は400人超 ふくしま酒蔵巡りスタンプラリー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
当選者を選ぶ橋本観光交流局長

 4~6月に県内で展開された大型観光企画「アフターDC(デスティネーションキャンペーン)」の特別企画「ふくしま酒蔵巡りスタンプラリー」の抽選会が29日、県庁で開かれた。応募総数は3313人で、スタンプラリーに加盟した全49酒蔵訪問を達成したのは400人を超えた。

 橋本明良県観光交流局長は「全49酒蔵を訪れた参加者も多く、予想を上回る成果」と評価、来年度も県産酒のPRイベントを展開していく方針。

 スタンプラリーは、全国新酒鑑評会金賞受賞数3年連続日本一の酒蔵を巡る県産日本酒のPRイベントとして初めて企画。3月12日~11月6日まで開催した。5月には4年連続日本一が決まり、スタンプラリーの参加者も増加した。

 抽選会では、1等の商品券(10万円分)を始め、県内旅館・ホテルの宿泊券、特産品などの当選者800人を決めた。

 県は同日、リアル宝探しイベント「コードF―6」の抽選会も合わせて実施した。応募者数は8977人で、延べ参加者数は過去最高の31万8138人となった。