木々も『冬支度』 会津若松・鶴ケ城公園で「枝つり」作業

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
冬本番を前に始まった、鶴ケ城本丸の雪吊り作業=29日午前、会津若松市

 会津若松市の鶴ケ城公園で29日、雪の重みで公園内のマツの木の枝が折れるのを防ぐ「枝つり」の作業が始まった。

 枝つりは、幹に沿って支柱となる細い柱を立て、その先端から約20本の縄を垂らし、枝をくくりつける冬の風物詩。同日は地元の造園業者約10人がはしごなどを使って、一本一本丁寧にマツの木に縄をくくりつけ、冬の到来に備えた。