民家火災、やけどの67歳男性死亡 郡山 

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 30日午前6時20分ごろ、郡山市の男性(91)方から出火、木造2階建ての2階部分約32平方メートルを焼いた。

 男性の長男(67)がやけどを負い市内の病院に運ばれたが死亡した。

 郡山署によると、男性方は4人暮らしで長男が2階、3人が1階に住んでいた。近くの女性から「住宅の2階が燃えている」と119番通報があった。付近住民によると長男は足が不自由だったという。

 同署と郡山地方消防本部が原因を調べている。

 現場は住宅街で、早朝の火災に一時騒然となった。近所の70代女性は「気付いた時には2階の窓ガラスが割れ、燃え上がっていて怖かった」と話した。