24時間テレビに370万円 福島県内イオングループ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
堀越常務(左から2人目)に目録を手渡した家坂支社長(同4人目)ら

 福島県内のイオングループ各社は30日、福島中央テレビ(FCT)など日本テレビ系列各局のチャリティーイベント「24時間テレビ39『愛は地球を救う』」に370万1099円を寄付した。

 県内のグループ各社や関連会社など24社の各店舗で募った善意やチャリティーTシャツの益金などを寄せた。

 贈呈式は郡山市のFCT本社で行われた。家坂有朋イオンリテール専務執行役員・東北カンパニー支社長が、24時間テレビチャリティー実行委員長の堀越徹常務に目録を手渡した。

 大南淳二マックスバリュ南東北社長、山義信日和田ショッピングモールゼネラルマネジャー、黒崎浩一中合社長らが同席した。