らぶ駅長のヘッドマーク設置 3日から「お座トロ展望列車」運行

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3日から列車に設置されるヘッドマーク(会津鉄道提供)

 会津鉄道(会津若松市)は3日から25日まで、土、日曜日と祝日などに運行する観光列車「お座トロ展望列車」に、同市の芦ノ牧温泉駅の2代目名誉駅長ネコ「らぶ」をあしらったヘッドマークを設置する。  

 ヘッドマークは、らぶの名誉駅長就任から1周年を記念して企画された。お座トロ展望列車は会津若松―会津田島間を1日1往復し、南会津町の会津田島駅から午後0時22分、同市の会津若松駅からは午後1時49分に出発する。23~25日に運行するイベント列車「サンタ列車」にも設置する。  

 また、24日午後1時からは芦ノ牧温泉駅で、らぶの名誉駅長就任1周年記念のファン感謝ビンゴ大会を開く。同駅の小林洋介さんは「イベントを機に鉄道利用者を一人でも増やしたい」と話している。問い合わせは同駅(電話0242・92・3766)へ。