安倍首相「あんぽ柿10割超えを」 福島県の内堀知事ら表敬訪問

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内堀雅雄知事と大橋信夫JA福島五連会長は10日、首相官邸に安倍晋三首相を表敬訪問し、本県の冬を代表する特産物の「あんぽ柿」を贈った。

 あんぽ柿を試食した安倍首相は「ジューシーです。体にも良いし、お酒の後も良いだろう」と述べた。出荷量が東京電力福島第1原発事故前の8割まで回復したことを聞いた安倍首相は「(出荷量が原発事故前の)10割を超えるように応援したい」と、原発事故による生産自粛を乗り越えて努力する生産者を激励した。

 訪問後に取材に応じた大橋会長は、栄養豊富なあんぽ柿の特徴について「首相からは『サプリを飲むよりあんぽ柿』という言葉をいただいた」と述べた。贈呈にはミスピーチキャンペーンクルーらが同行した。