「縁結び」福島県がお手伝い ネット利用マッチングシステム始動

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県などは10日、オンライン型の結婚マッチングシステム「はぴ福なび」の運用を始めた。希望に合った異性の情報が届く仕組みを自治体では初めて導入、結婚を望む男女に出会いの場を創出する。1月末現在、218人(男性161人、女性57人)の事前申し込みがあるという。

 会員になれるのは、結婚を真剣に希望する県内在住または近い将来、県内への移住を考えている20歳以上の独身男女。同システムにアクセスできるインターネット環境が必要で、会員有効期間は登録日から2年。入会登録料1万円(2年有効、本年度分は無料)。

 登録者は、インターネットの専用サイトで自分のページ(マイページ)を設置できる。身長や最終学歴、希望の条件などを入力すると週1回、希望に合った異性の情報がマイページに届く(最大3通)。その後、双方が「お見合い」を承諾すれば、会う日時などを決められる仕組み。「ふくしま結婚・子育て応援センター」は12日から県内各地で登録会を開く。予約優先。問い合わせは同センター(電話024・544・0070)へ。