「恵方巻き」販売...8年連続『1万本』 セブン・郡山安積町店

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
8年連続で恵方巻き販売1万本以上の達成を喜ぶ伊東店長(左から2人目)ら

 郡山市のセブン―イレブン郡山安積町店が、ことしの節分向け恵方巻きの販売で約1万800本を売り上げた。全国のセブン―イレブンで唯一、8年連続で1万本以上の販売を達成したという。

 店舗販売や予約販売に加え、時間帯に応じて配達するなど、関連会社との総合力を生かしたサービスによるもの、としている。山口松之進オーナー(47)は「地域密着で取り組んできた成果」と語り、伊東真店長(39)は「関連会社や従業員の協力のたまもの」と話した。

 8年連続のきっかけをつくった前オーナーの山口進さん(78)は「セブン―イレブンにちなみ、11年連続を目指したい」と力を込めた。