だいもんじ食品が「納豆」製造終了 売り上げ回復...見込めず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市の納豆製造「だいもんじ食品」が納豆の製造を停止し、15日を最後に商品の出荷を終了することが14日、分かった。同社によると東京電力福島第1原発事故後、風評被害などで売り上げ減が続き、今後の回復が見込めないと判断したという。

 同社は1936(昭和11)年創業で、同市など県北地方を中心にスーパーなどで納豆を専門に販売。同社の斎藤伸一社長は「今後の売り上げ回復が見込めず、決断した。お客さまに感謝したい」と語った。会社は存続の予定だが、今後については決まっていないという。