「日本の地ワイン 新鶴シャルドネ」メルシャンが限定発売へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「新鶴シャルドネ」をPRする(右から)森口支社長、斎藤組合長、河西部長

 メルシャン(東京都)は21日、会津美里町新鶴地区で昨年収穫されたワイン用のブドウを100%使用した「日本の地ワイン 新鶴シャルドネ」を東北・北海道地区で発売する。約1万4000本の限定。

 新鶴地区で契約栽培し、手摘みで収穫されたブドウのみを使った高品質ワインで、同社によると「昨年のブドウは糖度が高く、甘さと酸味のバランスが整ったすっきりとした味わい」に仕上がったという。

 県内では小売店などで販売する。500ミリリットルで1350円(税別、参考価格)。問い合わせはメルシャンお客様相談室フリーダイヤル0120・676・757へ。

 メルシャンの森口敏也北日本支社長とブドウを生産するワインブドウ根岸生産組合の斎藤勝男組合長は14日、福島民友新聞社を訪れ、「ぜひ多くの方に味わってほしい」とPRした。河西孝夫北日本支社営業企画部長が同行した。