高卒就職内定率97.7% 福島県内1月末、過去15年で最高

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県が15日に発表した県内高校を3月に卒業する生徒の就職内定状況(1月末現在)によると、就職内定率は97.7%で、1月末時点では過去15年間で最高だった。

 県は、就職希望者を大きく上回る8000人超の求人が企業から出されていることなどが要因とみている。

 調査対象は県立、私立高校。就職希望者4963人に対し内定者は4847人。このうち県内企業の就職内定者は4004人で、県内企業への就職内定割合を示す県内留保率は82.6%(前年同期比0.4ポイント増)だった。未内定者は116人(同8人減)。

 県は関係機関と連携して、未内定者の重点支援に取り組む。