福島県産酒、気軽に試飲 県観光物産館にバーカウンター新設へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県は、福島市のコラッセふくしま1階にある県観光物産館を全面改修し、全国新酒鑑評会で4年連続金賞受賞数日本一となった県産の日本酒を提供するバーカウンターを設置する。

 来館者が気軽に酒を楽しめるようにし、一層の魅力発信につなげる。年内のリニューアルオープンを目指しており、県指定伝統工芸品の実演コーナーなども設ける。

 日本酒コーナーに空調設備を導入し、品質管理の向上を図る。現在、県内36酒蔵の200種類の日本酒を取りそろえるが、取扱商品数を拡大する。飲み比べフェアや旬の食材を生かした季節のイベントも充実させる。

 全面改修では、館内の商品陳列棚やレジを移設して周遊性を高め、来館者が買い物をしやすいようにする。段階的に改修するため、休館はしない。

  また、県が重点施策に掲げる定住・二地域居住を推進するため、市町村の移住につながる情報を発信するエリアも設ける。