福島県19地点で17年『最高気温』 吾妻小富士を背にモモ剪定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
青空の下、雪の吾妻小富士を背に剪定作業をする鈴木さん=16日午前、福島市上鳥渡

 日本の南にある高気圧が本州付近を覆い、低気圧に向かって暖かい空気が流れ込んだ影響で、県内は16日、各地で気温が上がり、観測19地点で今年最高気温を更新した。

 いわき市山田町で16.4度、浪江町で15.1度を記録するなど、4月中旬並みの気温となった。福島地方気象台によると、17日の県内は、16日並みまで気温が上がるが、午後は寒冷前線が通過するため雪や雨が降る見込みという。

 福島市上鳥渡のモモ畑では、穏やかな日差しが差す青空の下、果樹農家鈴木恒雄さん(82)が剪定(せんてい)作業に当たった。モモ「まどか」の剪定は昨年末から始まり、今月いっぱい続く。雪をかぶった吾妻小富士を背に、鈴木さんは伸びた枝を丁寧に切り落としていた。