農家レストラン、福島・大玉に来春開所へ 村産業振興センター改修

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
改修する村産業振興センター

 福島県大玉村は、あだたらの里直売所の新築に伴い、空き施設となる国道4号沿いの村産業振興センターの改修工事に着手する。

 村の特産品を生かした農家レストラン、6次化商品開発を見据えた加工所などとして利用する予定。来年3月末の完成、4月の開所を目指す。

 村は改修工事費などとして本年度補正予算案に1億1050万円を計上。15日の村議会臨時議会で原案通り可決された。国の地方創生拠点整備交付金や村の復興基金などを活用する。

 売り場が手狭になったことなどから、今秋完成予定でセンター西側の隣接地で新築工事が進んでいる同直売所の"引っ越し"終了後、改修工事を行う。農家レストランなど詳細は今後詰める。

 同直売所は2007(平成19)年4月に創業し、地元産の新鮮な野菜、コメなどが消費者に好評。今後は直売所に加え、新たな施設で村産の野菜や加工品、コメなどを味わってもらうことで、村の魅力を発信していきたい考え。