富岡町、議会「4月1日解除」合意 避難指示、事実上決まる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故に伴い全町避難が続く富岡町の宮本皓一町長は17日、郡山市で開かれた町議会全員協議会で、同町の避難指示(帰還困難区域を除く)を4月1日に解除する政府の方針に合意した。町議会も町の判断を尊重する方針で同町の4月1日解除が事実上、決まった。

 政府の原子力災害現地対策本部長の高木陽介経済産業副大臣は、政府が避難指示解除後の継続的な支援を約束する合意文書を町、県、政府の3者で取り交わす考えを明かし、改めて4月1日解除の方針を示した。町議からは解除日に賛成する声のほか、時期尚早との意見も出された。

 宮本町長は「これ以上避難指示が継続されれば、古里を未来につなげることは非常に困難になる」と述べ、「(4月1日の)解除を判断したい」と合意する考えを示した。塚野芳美町議会議長が「議会として町長の判断を受け止めたい」と尊重する意向を示し、町議から異議が出なかった。

 全員協議会終了後、高木副大臣は町からの要望などに対応する考えを示した。宮本町長は、合意文書について、「できれば今月中に結んでほしい」と述べ、政府に要請する意向を明らかにした。