幻想的な『白銀の世界』出現! 裏磐梯にキャンドル3000本

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
レンゲ沼を幻想的に彩るキャンドル=17日午後5時50分ごろ、北塩原村

 「裏磐梯雪まつり2017」は17日、北塩原村の裏磐梯サイトステーションで始まった。初日は結氷したレンゲ沼の上に3000本のキャンドルをともす「裏磐梯エコナイトファンタジー」が行われ、白銀の世界が温かな光で彩られた。

 村などでつくる実行委員会と裏磐梯観光協会の主催。レンゲ沼に並んだキャンドルに観光客らが点火すると、雪原に温かな明かりが広がった。18日も午後5時30分からキャンドルを点灯、同6時から花火を打ち上げる予定。

 期間中は日中の時間にスノーモービル遊覧体験やキャンドル作りなどが行われる。19日まで。