「福島復興支援セット」発送 全国へJA会津よつば労組

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「福島復興支援セット」を発送した組合員ら

 JA会津よつば労働組合いいで支部は18日、各地に届けられる地元の特産品詰め合わせ「福島復興支援セット・第7弾」の箱詰めや発送作業に取り組んだ。

 全国労働金庫労働組合連合会(全労金)が東日本大震災の復興支援として、組合員に販売をあっせんしている。今年で7回目。

 喜多方産コシヒカリや喜多方ラーメン、野菜ジュースなどの詰め合わせ計1500セットを販売。売上金の一部は、同JA労働組合が義援金として本県の被災地復興に役立てる。

 作業は喜多方市のJA会津よつば岩月野菜集出荷所で行われ、組合員ら約40人が参加した。星学支部長は「風評被害も根強く残っているが、販売を通して会津のおいしい食べ物や元気を届けたい」と話した。