「みんなのうた」の名曲でダンス 世界展に合わせイベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
元気いっぱいに踊る子どもたち

 NPO法人郡山ペップ子育てネットワークは19日、郡山市のペップキッズこおりやまで親子ふれあいイベントを開いた。参加した子どもたちがNHK「みんなのうた」の名曲を歌ったり、ダンスを楽しんだ。

 三春町の福島さくら遊学舎で開催中の「みんなのうたの世界展」に合わせて開いた。同展を主催する福島ガイナックスと光南高の生徒が講師役を務めた。

 子どもたちはお父さん、お母さん、高校生と協力して手作りのお面を制作。続いて、完成したお面をかぶって「おしりかじり虫」のダンスに挑戦した。初めに高校生がダンスの手本を披露すると、子どもたちは歌いながら、お尻を振ったりして元気いっぱいに体を動かし、満面の笑みを見せていた。

 ◆福島さくら遊学舎で来月26日まで

 みんなのうたの世界展は3月26日まで開かれている。NHK「みんなのうた」放送開始55年を記念した展覧会で、会場では放送された作品紹介のほか、撮影で使われたセットや小道具、絵コンテなどを展示している。

 入場料は一般1000円、大学生700円、中・高校生600円、小学生400円(未就学児無料)。