オーストラリアで「喜多方ラーメン」好評 販売会でほぼ完売に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
オーストラリアで開かれた試食販売会の様子

 海外向けに喜多方ラーメンを売り出す会津喜多方グローバル倶楽部(喜多方市)は 今月11~13日、オーストラリアの現地スーパーで喜多方ラーメンなどの試食販売会を開いた。現地の来場者からもおおむね好評で、今後は同国への輸出拡大を目指す。

 同倶楽部は東邦銀行などが同国で昨年実施した物産セミナー出展を通じ、日本スーパーなどを経営するジュンパシフィックコーポーレーションと輸出契約を結んでいる。販売会は販売拡大を目的にゴールドコーストとブリスベンの各日本スーパーで開かれ、用意したラーメンはほぼ完売した。

 販売会後の商談では両店で乾麺タイプの喜多方ラーメン「ロ麺チスト」の常設販売が決まったという。

 同倶楽部の松崎健太郎会長と山田貴司副会長は21日、販売会の報告のため福島民友新聞社を訪れた。

 販売会に参加した松崎会長は「(オーストラリアは)有望な市場と感じた。今後も定期的な販売促進活動を続けたい」と手応えを語った。