会津、中・浜通りコシヒカリ『特A』 16年産米の食味ランキング

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本穀物検定協会が23日発表した2016年産米の食味ランキングによると、5段階評価で最上級の「特A」が44銘柄となり、15年産(46銘柄)に次ぐ過去2番目の多さだった。

 次点の「A」は79銘柄に上り、特AとAが全体に占める比率は87%で過去最高。協会の担当者は「各地で新品種の開発努力を続けてきた成果だ」と話している。

 本県産は、会津、中通り、浜通りのコシヒカリが「特A」を獲得、会津と中通りのひとめぼれと、中通りの天のつぶは「A」だった。

 産地・品種ごとに区分した全国(東京都、大阪府、沖縄県を除く)の141銘柄を味、粘りなど6項目で評価した。