ふくしま秋・冬観光キャンペーン 3月から「スタンプラリー」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
栃木、茨城を加え、3県にエリアが広がった花の名所を巡るスタンプラリー

 県はDC(デスティネーションキャンペーン)を継承する新年度の大型観光企画「ふくしま秋・冬観光キャンペーン」の重点事業の日程を発表した。本県と栃木、茨城3県の花の名所を巡る広域周遊スタンプラリーは3月4日~9月24日まで開催する。

 福島市で23日に開かれた市町村観光振興担当者会議で県が説明した。県内の温泉とご当地グルメの店約350施設を周遊するスタンプラリーは3月31日~9月30日と10月1日~来年3月31日に分けて実施する。

 アフターDCで好評だった酒蔵巡りスタンプラリーは6月下旬から11月上旬に開催し、ワイナリーやビール工場への対象拡大も検討している。いずれも各地を巡り、スタンプを集めると旅行券や特産品など豪華賞品が当たる。

 このほか、各市町村に秋、冬期に観光客が集まる地域独自の特別企画を展開するよう周知を図った。