漁民待つ請戸の港 福島民友新聞社、福島県沿岸など空撮

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ヘリコプターで上空から撮影した請戸漁港

 東日本大震災発生と東京電力福島第1原発事故から丸6年の節目が近づいている中、福島民友新聞社は24日、復旧、復興が進む本県の沿岸部を中心に、ヘリコプターで上空から撮影した。

 国が3月31日に避難指示解除(帰還困難区域を除く)の方針を示している浪江町の請戸漁港。復旧が進んだ港が漁民の帰還を待つ。

 漁業が新たなステージに進もうとしている一方、背後には津波で被災した土地が更地となって広がっていた。