浪江支店4月3日再開へ JA福島さくら、営農と生活支援

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 JA福島さくら(結城政美組合長)は4月3日、東日本大震災、東京電力福島第1原発事故の影響で休業している浪江町の浪江支店を再開する。

 政府が原発事故で全町避難が続く同町の避難指示(帰還困難区域を除く)を3月31日に解除する方針を示していることから、組合員らの営農と生活支援のため、再開を決めた。

 金融、共済関係や損害賠償の相談の窓口業務などに当たる。同支店は同町権現堂字下続町18の3。電話番号に変更はなく、0240・34・2121。

 同JAは、これまでに双葉郡で広野、楢葉、川内、葛尾の4支店を再開している。残る休業店舗は富岡、大熊、双葉、津島の4店舗となる。