いわきでオートバイの男性死亡 側溝に前輪はまり転倒か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 25日午前7時20分ごろ、いわき市小川町高萩の市道で、同市、会社員、男性(43)のオートバイが転倒した。男性は頭の骨を折るなどして、約3時間後に死亡した。

 いわき中央署によると、男性は右カーブの道路を進行中、道路脇の側溝に前輪がはまり転倒したとみられる。同署が詳しい事故原因を調べている。