いわき「屋内多目的広場」3月から仮予約 4月、利用スタート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
4月1日から利用開始になる「屋内多目的広場」

 いわき市が同市常磐湯本町の「21世紀の森公園」内に整備を進めてきた、災害時拠点施設となる「屋内多目的広場」の施設仮予約が3月1日から開始される。

 同施設は、鉄骨平屋建てで、床面積は3346平方メートル。平常時にはゲートボールやフットサル、テニスなどが行える屋内運動場として活用される。災害時には、市内全域の救援物資の集積、分配所となる。

 同施設の4月1日の利用開始に先立ち、3月27日に同施設で落成式が行われる。落成式では、同施設の愛称も発表される。

 同施設の仮予約の受け付け期間は、3月1日~同31日。仮予約では、4月1日~7月31日の期間の利用を対象にしている。

 申し込みは同市公園緑地観光公社の専用の申し込み書で、窓口かファクスで申し込む。問い合わせは同公社(電話0246・43・0033)へ。