ホテルルートイン郡山で「合同訓練」 火災発生時の対応確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ホテルでの火災発生時の対応を確認した訓練

 春の火災予防運動に合わせ、郡山地方消防本部と郡山市のホテルルートイン郡山は1日、同ホテルで合同消防訓練を行った。参加者が火災発生時の利用客の避難方法などを確認した。

 同本部や従業員約60人が参加。訓練は同ホテル7階客室から出火、従業員の初期消火が間に合わず、逃げ遅れた利用客がいる想定で行われた。

 ホテル内に非常ベルが鳴り響く緊迫した雰囲気の中、廊下に倒れた要救助者の誘導や消防への通報、はしご車による脱出などに取り組んだ。