30代男性、なりすまし260万円被害 会社に融資のファクス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 3日午後、福島市に住む30代の建設会社役員の男性から「融資を受けようとしたら約260万円をだまし取られた」と福島署に届け出があった。同署は「なりすまし詐欺」事件として捜査している。

 同署によると、男性の会社に昨年12月下旬、融資に関するファクスが届いた。男性が記載された番号に電話をかけ、1000万円の融資を申し込むと、数日後に電話があり、男は「審査が通過した。手数料と保証料を振り込んでほしい」などと話した。

 男性は同市の金融機関の現金自動預払機(ATM)から約10回にわたり、指定された口座に現金を振り込んだが、融資されないことを不審に思い同署に相談したことで発覚した。