南相馬の復興公営住宅で「孤独死」 1人暮らしの70代男性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 南相馬市の復興公営住宅で2月に浪江町から避難していた70代の1人暮らしの男性が亡くなっていたことが3日、同市への取材で分かった。市によると病死とみられるという。