今春定年の校長先生に「卒業証書」 喜多方一中生がサプライズ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花束を手に生徒と記念撮影する長谷川校長

 喜多方市の喜多方一中で3日、今春定年を迎える長谷川良三校長の"サプライズ卒業式"が行われ、生徒や教職員が長年の労苦に感謝の気持ちを伝えた。

 長谷川校長は2013(平成25)年度に同校に赴任。定年退職を間近に控える中、前生徒会役員の3年生を中心に「校長先生にも卒業証書を贈りたい」と本人に内緒で企画を進めてきた。

 全校生約300人が見守る中、前生徒会長の佐藤亜美さん(3年)が卒業証書を授与した。スライドショー上映に続き、色紙や記念品も受けた長谷川校長は「教諭をやって良かった。喜多方一中で退職できることは誇り」と目頭を熱くした。

 佐藤さんは「感動してくれて良かった。3年間お世話になったので本当に感謝している」と話した。