懐かしい衣装や絵コンテ...55年の歴史 みんなのうたの世界展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「グラスホッパー物語」の衣装を見学する来場者

 三春町のふくしまさくら遊学舎で開かれている「みんなのうたの世界展」は4日、NHKの番組「みんなのうた」の55年の歴史と、2月25日から始まったクイズイベントを楽しもうと多くの来場者でにぎわった。

 会場には同番組からのヒット曲「山口さんちのツトム君」や「おしりかじり虫」、NHK教育テレビ「できるかな」のノッポさんで知られる高見のっぽさんが演じた「グラスホッパー物語」などの衣装、着ぐるみ、絵コンテなどが並ぶ。子どものころに放送された曲を懐かしむ来場者もあり、訪れた人たちが「みんなのうた」の55年の歴史を振り返っていた。

 会期は26日まで。入場料は一般1000円、大学生700円、中・高校生600円、小学生400円(未就学児無料)。問い合わせは福島さくら遊学舎(電話0247・61・6345)へ。